ライブチャットレディで恋愛の練習しています

恥ずかしい話ですが、男性とお付き合いした経験の無い33歳の女性です。職業は家事手伝いです。就職の経験はありません。厳格な家庭の一人娘として育ち、幼稚園から大学まで一貫したエスカレーター教育の女性だけの環境でした。男性の友人もいなければ、デートもしたことがありません。お見合いの経験はありますが、男性と同席しても何をお話して良いのかわからず、気持ちが全く動かないまま結婚に踏み切る勇気も無く、気づいたらこの年齢になっていました。女子大時代のお友達も、殆ど家庭に入りそれぞれに幸せそうな年賀状が届きます。私だけ取り残されているようで、泣きながら眠る日もありました。思い切って、電話カウンセリングの方に相談すると一歩ずつ頑張りましょうとアドバイスを戴きました。けれども、男性とお話ができる場所など私の行動範囲にはありません。そんな時、ライブチャットレディの事を知りました。33歳でも参加できる会社を見つけることができました。お客様も中高年層の会社と説明を受けました。本名や顔写真は公開していませんが、プロフィールはできるだけ正直に記載しました。一番最初にお話した方は、地方で水産会社の役員をされている50台の男性でした。プロフィールを読んで、私と会話してみたいと思ってくださったそうです。キャッチボールのできない私を終始気遣い会話をリードしてくださいました。こうして、私は時々ライブチャットレディのお仕事をするようになりました。卑猥な話をされたり、冷やかしのような態度の方もいらっしゃいましたが総じて紳士が多いです。世の中の事を教えて頂いたり、少しずつですが自分から話題を提供したりできるようになりました。もう少し自信がついたら、婚活パーティやお見合いにも積極的になれると思います。

知りたいライブチャットレディの仕事の実態

ライブチャットレディの仕事とは、チャットレディの仕事をライブでやる、つまり生放送で相手と対するということになると思います。そもそもチャットというのは、リアルタイムで相手とやり取りするのですから、どんな方法でやるにしてもライブということになるので、チャットレディで言うところのライブと、一般的に使う生放送という意味のライブとは、また違うかもしれません。つまり、チャットレディのライブとは、顔を出して、ということなのだと思います。チャットレディの仕事の条件に、顔を出すことが任意の場合と、必須の場合とがあります。当然のことながら、顔を出す方が、出さない場合よりも時給は上がります。人間、特に男性の心理として、かわいい女性やきれいな女性と話したいという願望があるでしょうから、特に容姿に自信がある人はライブが向いているということが言えそうです。つまり、恵まれた容姿を武器に、それを時給に反映させることができるということです。逆に言えば、顔を出すのが嫌、あるいは容姿に自信がないという人は、ライブは向かないということになります。ただし、すべての人が容姿がイマイチだからライブができないということではないと思います。というのも、誰にも知られずにこうしたお仕事をしたいと考える人にとっては、自分の容姿に自信があったとしても、顔を出すことに抵抗を感じる場合がほとんどだからです。ただ、時代はカメラを使ってのライブチャットのようですから、仕事をするにあたっては思案のしどころとなりそうです。